睡眠不足は薄毛に悪い?

睡眠不足は薄毛に悪い?

女性にとっては当たり前の事かもしれませんが、睡眠不足は美肌の大敵ですよね。
それは、夜寝ている際に分泌されている「成長ホルモン」が大きく関係しているからです。
成長ホルモンには、肌を形成しているケラチンというタンパク質の代謝を促進させてくれる働きがあります。
睡眠不足になり、この成長ホルモンの分泌が滞ってしまうと、新しい肌も生成されなくなってしまい、肌がどんどん荒れていってしまうわけです。
そして、これは髪にも同じ事が言えます。
肌と髪は同じようにタンパク質から出来ている為、肌に悪いとされている事は髪にも悪影響があるのです。
つまり、睡眠不足が美肌の大敵と言われているのと同じく、実は睡眠不足は薄毛に対しても悪い事だったのですね。
人の体は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、成長したり、身体の至る部分を修復したりしています。
もちろん、健康な髪や肌も寝ている間に育っています。
ただ、睡眠不足が薄毛に悪いからと言って、睡眠時間を多く取れば良いと言うものでもありません。
いくら沢山寝たとしても、起きた時に疲れが取れていないと感じるようであれば、それは成長ホルモンがうまく分泌されていない可能性が考えられます。
毎日、規則的な生活を送る事により、身体は睡眠時間に合わせて体温が下がり、眠りの準備を開始するようになります。
すると、睡眠中の体温調節も上手く働くようになって、成長ホルモンを十分に分泌してくれる、薄毛にも健康にも良い上質な睡眠が取れるようになるのです。