薄毛には過度な飲酒喫煙は悪影響?

薄毛には過度な飲酒喫煙は悪影響?

以前から薄毛が気になっていて、様々な薄毛対策をしているのに効果が現れない。
心当たりもないのに、最近、原因不明の薄毛に悩まされている。
そんな状態に陥っているとしたら、もしかしてそれは、過度な飲酒や喫煙が原因なのかもしれません。
タバコに含まれている有害物質でもあるニコチンには、発ガン性のリスクを伴うだけではなく、強い血管収縮作用も持ち合わせています。
この事により、タバコを吸うと血管が縮小し、それに伴って血液の循環も悪くなり、全身が血行不良の状態となります。
毛根や毛髪へ栄養を運ぶ役割を果たしている血液の流れが滞ってしまうと、頭皮や髪全体が栄養不足となってしまい、薄毛の道へと進んでしまうのです。
一方、飲酒はストレス解消にも効果があり、アルコールによって血行も促進される為、薄毛とは関係ないように思われているかもしれません。
もちろん、適度な飲酒であればいいのですが、過度な飲酒には要注意です。
体内に大量のアルコールが入る事により、肝臓がフル稼動してアルコールを分解しようする為、かなりの負担が掛かります。
肝臓はタンパク質の合成機関でもありますが、アルコールの分解を行っている間は、タンパク質が形成されなくなってしまいます。
タンパク質は髪の材料とも言うべき成分ですので、発毛に必要な新しい細胞も作られなくなってしまうわけですね。
飲酒や喫煙はストレス解消にもなりますが、時に薄毛に対して悪影響を及ぼす危険性があると言う事は覚えておいてくださいね。