ストレスも薄毛には悪い?

ストレスも薄毛には悪い?

「薄毛の原因にはストレスも関係する」と言う事は、よく耳にされると思います。
でも、どうしてストレスが薄毛に関係するのでしょう。
まず、考えられる事は、ストレスによる血行不良です。
ストレスが溜まってくると、それに伴って毛細血管も収縮し、血液の循環が悪くなり、結果として血行不良が起こってきます。
身体の血液の循環が悪くなると、当たり前ですが、頭皮の血行も悪くなり、発毛や育毛に必要な栄養素が不足してしまいます。
これが薄毛の原因となってしまうわけですね。
また、血行不良になると、少しでも血流を良くする為に、人間の身体は男性ホルモンを多く分泌するようになります。
男性ホルモンは薄毛の原因にもなる為に、この男性ホルモンがさらに薄毛を促進するようになってしまうのです。
この他にも、ストレスにはホルモンバランスを崩す作用もあり、薄毛以外にも健康に悪影響を与える可能性もあります。
現在社会で生活している私達にとって、ストレスと無縁の生活を過ごすと言う事は不可能に近い事だと言えるでしょう。
けれど、少しでもストレスを軽くする為の努力は必要です。
もし、好きな趣味があれば、その趣味の時間を大切にしたり、熱中出来るような趣味が無ければ、スポーツもいいでしょう。
薄毛の原因の男性ホルモンは、汗と一緒に排出されると言う事もありますので、軽く身体を動かして汗をかけば、薄毛対策としての効果も期待出来ます。
定期的に身体を動かして、ストレスを上手に発散するようにしてくださいね。