薄毛は遺伝なの?

薄毛は遺伝なの?

昔から、「薄毛は遺伝する」とよく言われていますよね。
でも、薄毛は本当に遺伝するものなのでしょうか。
最近、CMなどでもみるようになった「男性型脱毛症(AGA)」については、遺伝的な要素が多く関わっていると考えられているそうです。
また、ドイツの研究チームが「薄毛に関する遺伝子」の一部を初めて発見したと言う事実もあります。
その結果によると、若くして薄毛になった人は、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立つのだとか。
ただ、今のところ、わかっているのはそのくらいで、遺伝の詳細は明らかにはされていません。
X染色体は母親から受け継ぐために、母親が薄毛だったり母方の祖父が薄毛であったりすると、その影響を受ける可能性があると言った程度です。
それに、両親や祖父母が薄毛だからと言って、自分の薄毛の原因も遺伝だと決め付けるのは早すぎるでしょう。
家族の中に薄毛が多いのは、遺伝子が関係している訳ではないかもしれません。
薄毛の原因となるような食生活や生活習慣を家族みんなで当たり前のように続けていた結果の「後天的原因の薄毛」であるケースも少なくないのです。
最近では、「薄毛になるリスクの高い遺伝子を持っているかどうか」と言った遺伝子検査を行っているクリニックもあります。
どうしても遺伝の影響が心配でしたら、そのような機関を利用しても良いかもしれません。
ただ、あまり心配し過ぎるとそれがストレスとなり、却って薄毛を誘発する可能性もありますので気をつけてくださいね。