薄毛の原因って何?

薄毛の原因って何?

薄毛の原因は、一般的には遺伝的要素が大変大きいと言われています。
これまでも、年齢を重ねるにつれて徐々に薄くなっていく、いわゆる男性型脱毛症の場合は特に、遺伝的な体質と言われてきました。
DNA解析の技術が進んでみると、やはり、遺伝的要素が関係しているのはほぼ間違いないとされました。
ですから、ある意味、生まれた瞬間から背負った宿命と言えるかもしれません。
とはいえ、遺伝的要素だけで薄毛になるわけではありませんし、症状を遅らせたり改善したりすることも不可能なわけではありません。
逆に言えば、放置すれば症状が早く進むという事にもなってしまいますから、出来るだけ早いうちから原因を知って対策を取っておきたいものです。
薄毛は、抜ける量が生える量を上回ることで起きてしまいます。
また、生えた髪の栄養不足によって、髪が細くなってしまうことでも、髪のボリュームが落ちて薄く感じられるようになってしまうでしょう。
つまり、脱毛を防ぐことと、髪の健康を保つことが重要となります。
そして、髪が抜けたり髪の健康を損ねる原因というのが、現代社会では沢山あります。

 

・頭皮の汚れ
・頭皮の血行の悪さ
・ストレス
・睡眠不足
・栄養不足
・喫煙などによる血流内の酸素不足
・不規則な生活
以上のように、そのほとんどが悪い生活習慣に由来しています。
脂肪分の多い揚げ物や肉類などばかりを食べていると、頭皮に脂がたまりやすくなり、それは雑菌などの餌となるため、雑菌が集まって頭皮が詰まってしまいます。
すると、毛根が酸欠になり、抜け毛が促進されてしまうのです。