薄毛対策にはミノキシジル

薄毛対策にはミノキシジル

ミノキシジルは元々、口径血圧降下剤として使われていましたが、血管を拡張する作用をもったミノキシジルは、全身の体毛を濃くします。
その作用は髪の毛にも効果があり、結果として薄毛治療に使われるようになり、「リアップ」や「ロゲイン」などの発毛剤として商品化されています。
現在では世界中の何十万という人がミノキシジルを使用しています。
日本では1999年まで、ミノキシジルを含んだ育毛剤発毛剤は発売されず、多くの方が個人輸入という形でロゲインを使用していました。
ミノキシジルは初期脱毛に効果があるのですが、壮年性脱毛症と言われる薄毛・脱毛にのみ有効です。
薄毛を発見したらなるべく早めのうちに使用することをおすすめしますが、脱毛の理由がわからない方は、ミノキシジルを使用する前に、医師や薬剤師に相談してください。
しかし、ミノキシジルによって髪が生えてきても、ミノキシジルの使用を中止すれば、それまでに生えてきた髪の毛は抜けてしまいます。
使用中止後数ヶ月で一気に脱毛が進行したという例もあります。
つまり、一度ミノキシジルの使用を開始したら継続しなければなりません。
面倒だからという理由で止めてしまうと、元に戻ってしまいますので注意しなければなりません。
リアップやロゲインなどを発売している製薬会社は、この点を使用者に対して、あまり説明をしていません。
その結果誤った知識でミノキシジルが使用され、発毛どころか逆効果を招く恐れがありますので、注意が必要です。