M字の薄毛対策

M字の薄毛対策

男性型脱毛症は、毛髪サイクルの中の成長期が短くなるために、細く短い毛髪が多くなり、全体として薄毛が目立つようになってしまうものです。
成長期が短くなる原因は、男性ホルモン(テストステロン)が5α-還元酵素によってDHT(ジヒドロテストロステロン)に変化し、毛根部にある毛包を萎縮させるためと考えられています。
M字型の薄毛は、前頭部の額の左右から、徐々に後退していくタイプです。
前頂部の一部に髪が残ることも多く、薄毛でお悩みの日本人男性のほとんどが、このM字型の薄毛です。
また、M型の薄毛は、育毛剤による薄毛対策では、効果が現れにくいと言われており、発毛の対策も難しいと言われています。
原因として考えられることは、前頭部に毛包を萎縮させてしまうホルモンの影響が、強く現れるためだとされています。
薄毛、抜け毛は遺伝するかと言う話を、よく聞くことがあると思いますが、たしかに遺伝しますが100パーセント、遺伝によるものではないと言うことを、理解しておくことが重要です。
遺伝と言う意味での具体的な現象としては、父親が薄毛で、本人にも脱毛症が進んだ場合に、その「型」「パターン」が似たものになるケースが多いようです。
薄毛が気になりだしたら、まずは生活習慣から改善しましょう。
髪の毛や頭皮をシャンプーして清潔に保ち、頭皮のマッサージなどで、血行を促すことも良いと思います。
栄養不足、睡眠不足、喫煙などにも気をつけ、ストレスや不規則な生活を解消するのも、薄毛対策のひとつです。